« 2011年2月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年3月

2011年3月19日 (土)

「リアルタイム放射線情報」開設

「こんな時、私にできることは何だろう」と考えた。
その最初の結論である。

続きを読む "「リアルタイム放射線情報」開設"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

福島第一原発:放射性物質拡散予測

私たちは運が良かったようだ。

2011/3/27追記:
この種の拡散シミュレーションは、どうやらコチラが大元らしい。

続きを読む "福島第一原発:放射性物質拡散予測"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

'Fukushima 50' Heroes

「フクシマ・フィフティ」
彼らを応援したい。

続きを読む "'Fukushima 50' Heroes"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

メア講義メモ漏洩は民主党政権への援護射撃

事実関係に不審な点が多々あるが、前原誠司の外相辞任に合わせたように米国務省日本部長ケビン・メア (Kevin K. Maher) の講義メモ(原文日本語訳)が暴露された。

考えようによっては、過去の日米合意を反故にして沖縄の米海兵隊を全面的にグアム移転に持ち込むのに、これほど都合のよい口実は無いだろう。その姿勢を明確に打ち出せば社民党が連立に戻るだろうし、支持率も回復するだろう。5回裏、15対0で負けているチームが、逆転は無理かもしれないが、なんとかコールド負けを回避して9回裏までゲームを続けられるようにするのには充分だと思う。

うがった見方をすれば、米国側の意図的な漏洩の可能性もある。仮に海兵隊を沖縄からグアムに移すことが現実となっても、その損失よりも日本のおよび東アジア地域の政治的安定の方が重要だと判断することは充分ありえるだろう。中近東情勢の流動化がこの判断を後押ししたことも考えられる。

本当に可能かどうか判らないが、もう失うものがほとんど残っていない民主党政権に他の選択肢があるとは思えない。これを試さないようなら、我々もドロ舟から逃げ出す算段を、可能な範囲で始めるべきだろう。

2011年3月17日追記: この件は、地震と津波で吹っ飛んでしまったようだ。しかし、こんな緊急事態の中でも足の引っ張り合いみたいなことが見え隠れするような気がする。私の考えすぎであって欲しい、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

100円均一商品の実力(1)電球型蛍光灯

その日、スライダーチャック袋を探していた。

リンク先の商品ほど上等ではないが、良く似たものが近所の100円均一ショップ、通称100均に以前置いてあったが、最近は見かけない。仕方が無いので普段は行かない遠方の店を、散歩をかねてのぞいてみたら『それ』があった。

海辺のマックさんから別の記事へのコメントで、ダイソーで100円(税別)の電球型蛍光灯を売っていますよ、と教えていただいていたが、家中のE26口金ソケットは全てLED電球か電球型蛍光灯で埋ってしまっているので、敢えて買いに行こうとは思わなかった。しかし目の前にあると、話は別である。ちなみに、この店はダイソーではない。

近くを見回すと「あれれ、こんなものも100円?」と言うことで、結局\315のお買い上げ、になってしまった。

R0011321

今回は電球型蛍光灯にふれる。残り二品は、また日を改めて。

続きを読む "100円均一商品の実力(1)電球型蛍光灯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

シマリスと暮らす(3)惜別

シマリスがどこかに旅立ってしまってから、もうすぐ1年になる。
口では「ペットロスなんて関係ないよ」と言っているが、いままでこの事を記事にする気にならなかった。

自分より長生きしそうな動物をペットにすべきではない、と私は思っている。
だから、ペットを飼い始めるときは、終わりがあることを覚悟しているつもりだし、人にもそうすべきだと言ってきた。

しかし、心には意思でコントロールできない部分があるのも事実だ。

この話題の3回目に「惜別」は、あまりに唐突ではあるが、事実なので一旦ケリをつけないと先に進めないと思った。思い出話として、この話題は続けたい。

この記事が、この春からシマリスを飼ってみようと思っている方の参考になれば幸いである。

続きを読む "シマリスと暮らす(3)惜別"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2012年1月 »